2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.07 (Sun)

キジさん、再び!

パパが夕方のお散歩に行った時。
先日ブログでも書いた、アクア姫お散歩コースにいるキジさん。
どうやら愛する妻との間にかわいいヒナが孵ったらしく。
ピヨピヨと愛らしい鳴き声がしているらしい。

ところが、どうも様子がおかしい。
親鳥は道路のすぐ脇にいて、ケンケーン!と鳴き、ウロウロ。
アクア姫がいても逃げようとしない。
そして、どこからか聞こえる、ヒナのピヨピヨという声。

ヒナは、道路わきのどぶの中に落ちてました(@_@;)
親鳥は助けたくても助けられず。
ヒナもどぶの中から出たくても、まだヒヨコちゃんなので
どう頑張っても出られず・・・・

人間がヒナに触るのはまずいかなと悩んだ結果、助ける事にしたパパ。
どぶからヒナを出し、畑に放すと、親鳥の方へ走って行ったそう。

その間アクア姫は・・・・

「ピーーーーヨコちゃーーーーん!!!」と大興奮だったらしい・・・
ま、そりゃそうさね(^_^;)

キジさん、再び!


テーマ : シベリアンハスキー - ジャンル : ペット

21:27  |  姫様のこと。  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

よかったですね!

はじめまして。いつも家族で楽しく拝見させていただいてます。キジの子ひよちゃん、パパさんの救済で本当に良かったですね。アクア姫ちゃんのリアクションには笑えました!納得です…。無理もないですよね(笑)
mizu |  2009年06月07日(日) 23:49 |  URL |  【コメント編集】

うん、うん。善き哉、善き哉。
いつかきっと、夜に来客が来ると思うよ。
そして、一緒に住むことになってこう言うの、
「わたしが部屋にいる間、決して中を覗かないでください……」って。
でも、結局我慢し切れなくって、みんなでそぉーっと見ちゃうんだべ。
あぁ、その後ろ姿が目に浮かぶ~。(笑)

連絡ありがとね。やっと疑問が解けたわ。あーあ、勘違い……。
かあちゃん |  2009年06月08日(月) 10:50 |  URL |  【コメント編集】

ひなちゃんを どぶの中から 救出なんて ちょっと ニュースに出してもらってもいいって感じ・・・
なんて 素敵な・・
パパさんに拍手v-424 
あ~
あくあ姫も救出 お手伝いしたかったのでは・・・(^0^)



力丸 |  2009年06月08日(月) 18:01 |  URL |  【コメント編集】

鳥(ヒナ)は触っちゃいけないっていいますけど,こういうのは手助けしたくなりますよね。

アクア姫さん,やっぱりピヨちゃんに反応しましたか~(^▽^)笑
しょうがないですよね。。。本能ですもん♪
めんたい |  2009年06月08日(月) 18:04 |  URL |  【コメント編集】

コメントありがとうございます♪

mizuさん☆
はじめまして、遊びに来てくれてありがとうございます♪
鳥さん大好きなアクア、近所にニワトリさんを庭で放し飼いしているお家があるのですが、
やっぱりそこでも通るたびに釘付けですよ(笑)
ただ、本能に任せて食ってしまいそうで・・・怖いです。
また、こんなブログでよかったら、遊びに来てくださいね。


かぁちゃん☆
なんかどこかで聞いた話だなぁ~・・・・(笑)
覗くなと言われれば、覗きたくなるではないか。
絶対我慢できないぞ、私もパパもアクアも。

疑問は解けたかや?よかったよかった(^^)v


力丸さん☆
アクアは間違いなくピヨコちゃんを
「おもちゃ」にしたかったのでしょう・・・
そして咥えて投げて、捕まえる。
おそらく目が爛々としていたと思われます(笑)
鳥さん大好きなのでね~~~


めんたいさん☆
すずめでしたっけ、触ったら絶対にダメな鳥って。
一度触ると親鳥に見捨てられるとかなんとか。
ほおっておくと死んじゃうし、迷いますよね。
それが自然なんでしょうけどね~~~
でも私もその場にいたら、きっと「ほれ、パパんとこへ行きな」と
助けちゃうかも~~~~
アクアママ・umi |  2009年06月09日(火) 22:47 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。