FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2008.02.22 (Fri)

ゴメンナサイ。

昨日、用事があって、ひなたさんのママにケータイで電話した人間様です。

そして、今日。
人間様はプライベートレッスンでバタバタと忙しくしておりました。
いつもだったら1時間30分ある休憩時間が、
今日はお客様の事情により、45分しかなかったのだ。
急いでゴハンを食べ、雑務を済ませたものの、あっという間に午後のレッスンの時間。
お客様は外ですでに準備万端。
あわてる人間様。
いつもだったら、アクア姫にお水をあげたり、ウン○を片付けたり、
アクア姫の世話をしなければならないのだが、
今日はそんな時間は・・・ない。
仕方がないので手袋をはめながら、事務のおねーさんに
「アクア姫にお水と、ご飯をあげてください!」
とお願いして、ゲレンデに出る。

そしてお客さんと合流、レッスン開始。
「ゴンドラに乗りましょうか~?でも、ゴンドラ乗り場まで遠いから、
リフト乗り継いで行きましょうね~?」
とか会話しながら。


・・・しかし人間様は知らなかった。
この会話が電波を通じて、ある人に全て聞かれていたことを。

そう。それはひなたさんのママであります。(詳しくはひなたさんのブログにて。)
人間様のスライド式の携帯電話は、ボタンをロックしていなかったので、
何かの拍子に、リダイヤルでひなたさんのママに電話してしまったのでした。

訳がわからないのは、ひなたさんのママ。

電話の向こうから、
「レッスンは2時45分までだから!」
「行ってきま~す!」
「よろしくお願いしま~す!」
と人間様の声。
ひなたさんのママは、
「もしかしてリダイヤルで間違い電話かけてきた?」
と思ったらしいが、皮肉にもその時に人間様の
「ちょっと待って!」
と声が聞こえてきたので、
律儀に、しばらく待っていたらしい・・・

そして、人間様の
「ゴンドラ乗りましょうか~?」
の一言で、ようやく自分にかかってきた電話ではないと気づいた、ひなたさんのママ。
「ゴンドラ乗りましょうか~?」
と言われても、どうやったら家でゴンドラに乗れるというのだ。

ひなたさんは、のんびり昼寝をしている所に、
人間様の声が聞こえてきたもんだから、
「アクアママが遊びに来るの~!?」
とぱっちり目が覚めて、大興奮。
ある意味、一番迷惑をこうむったのは、ひなたさんでありました。


ひなたさんへ。
お昼寝の邪魔をしてしまってゴメンナサイ。

ひなたさんのママへ。
勝手に間違い電話をかけておきながら、
「何ですぐに電話を切らないのっ!」
と逆切れしてゴメンナサイ。
でも、時間にして約3分。
人間様のプチレッスンを自宅にいながら受けられるなんて。
あなたはとってもラッキーな人なのよっ!?

・・・・以後気をつけますぅ~~~m(_ _)mペコリ。

ゴメンナサイ。


23:59  |  スキースクール  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP |