2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.23 (Thu)

そして悪夢は始まった

前回の続き。


目的地のパルコール嬬恋スキー場をナビにセットした人間様。


ちなみに今回のお宿は軽井沢のカーロフォレスタジャルディーノ。
事前にどりママから

「スキー場まで軽井沢から1時間かかんないよ」

・・・と聞いていたので、てっきり軽井沢を
通って行くルートだと思っていたんですよ。

でも、ナビが示す道は、軽井沢を通らずに行くルート。
この時点で、若干不安を感じる人間様。
季節は冬、土地勘のない場所。
ちゃんと目的地に辿りつけるんだろうか・・・とドキドキ。
しかしナビがちゃんと道を示してくれるんだから!と、
ナビを信用して車を走らせたわけですよ。


しかし。

何かおかしい。

そして悪夢は始まった

ナビが示す道は、がっつり雪が降ってるクネクネ峠道。

おまけにやたらに狭い道。

それでも、車を走らせていると、
『冬季通行止め』の看板がドドーン!


ホラ、きたよきたよ、人間様の野生のカンは見事に的中したよー!
夏は問題なく通れる道も、冬には通れないという事はよくあること。
通行止めならば仕方ない、と、Uターンして別の道を検索。
そして示された道を気を取り直してずんずん進む。

すると一旦大きな国道に出たものの、ナビは「左に曲がれ!」と指示。
あ・・・そうなの?コッチなの?と、ナビの指示通り曲がるバモス号。
しかし、その道は最後に除雪したのはいつだったのか。
雪の状況からほとんど車は通っていないと思われたが、
お得意の『冬季通行止め』の看板は出ていないし、
ナビを信じて走ったわけですよ。

そしたらどんどん雪は深くなり、しまいにはバモスの底に完全に雪がつき、
車体は地面から浮いてタイヤが空回り。
幸か不幸かたまたま急な下り坂だったため、
なんとか止まらずに坂道を下りきったのですが。
そこに待ちうけていたのは、

「今走ってきた道を戻る事が出来ない」
という現実。

そして悪夢は始まった

もちろん、Uターンして今下ってきた道を上ろう!とは試みたんですよ。
でも、雪が深くタイヤが空回りの状態でどう頑張っても無理。

とりあえずパパが、どこかに抜け道はないか歩いて見に行ったものの、
その先も雪がガンガン積もっているという。


スキー場まであと10キロの地点で、
完全に身動きが取れなくなってしまったバモス号。
自力で元の道に戻る事も出来ず、先に進む事も出来ず、
周りは見渡す限り雪に覆われた畑ばかりで民家は一軒もなく、
おまけに最強クラスの寒波で地吹雪ときたもんだ。

仕方なく、自動車保険のロードサービスに電話して
助けを求める羽目になったのでありました(涙目)

そして悪夢は始まった


テーマ : シベリアンハスキー - ジャンル : ペット

08:35  |  おでかけ  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。