2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.01.18 (Tue)

いろいろあった年末年始 帰省・プッツン編

草木も眠る丑三つ時・・・
シーンとした家の中で、何やらガサガサと音が響く。


人間様は、「アクア姫が寝返り打ったのかな?」と思ったのでありますが、
そのうちガサガサという音から、ガリガリガリ・・・という音に変わり・・・
一瞬、てんかんで口からアワふいて倒れてるアクア姫の姿が頭をよぎり、
慌てて様子を見に行くと。


そこにはアワをふいているアクア姫ではなく、
薄暗い廊下で目をランランと輝かせ、ちぎれんばかりに尻尾を振り、
アウアウ喋るアクア姫が(大汗)


何事かと思い、「アクア姫!?何があった?どうした?」と話しかけると、
人間様に飛びつき、顔をベロベロ舐めまくり、
「もう限界なの!もう限界なの!」と訴えているようなアクア姫、
人間様の横から無理やりリビングに行こうとするものの、
リードに繋がれているため、廊下のフローリングにガリガリとアクア姫の爪の音が響く。

どうやら、完全にプッツン来たらしいアクア姫。
パパを呼んでなだめてもらっても、外に連れ出しても・・・興奮は収まらず。



「もう嫌なの!玄関は嫌なの!一人は嫌なのーーーーー!!!」
と言っている感じでありました。



このままでは皆の睡眠を邪魔してしまう・・・!!



焦ったパパと人間様は、車の中にあるバリケンを出し、
人間様たちが寝ている1階の和室横に置き、そこでアクア姫を寝かせる事に・・・

いろいろあった年末年始 帰省・駄々っ子アクア姫編

バリケンに入れると、パパや人間様の姿が見えて安心したのか、
途端におとなしくなったアクア姫(>_<)


普段は何に関しても「ダメ」と言われれば諦めの早いアクア姫ですが、
今回は自分だけリビングに入れてもらえなかった寂しさがあったのか、
何が何でもリビングに行く!という強い意志が体中からにじみ出ていたアクア姫。
次の日はリビングに入れてもらい、(リードつけてたけど)
陽のあたる窓辺で満足そうに昼寝をするアクア姫でした。

いろいろあった年末年始 帰省・駄々っ子アクア姫編


テーマ : シベリアンハスキー - ジャンル : ペット

14:00  |  姫様のこと。  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |