2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.28 (Tue)

ヨゴレな飼い主たちの乳しぼり体験

ヨゴレな飼い主たちの乳しぼり体験

ヤギさん観察を堪能し、再びカフェで水分補給をした後・・・
ヨゴレな飼い主たちは、「乳揉み体験、乳揉み体験♪」
と口ずさみながら、その会場へ向かう。

ヨゴレな飼い主たちの乳しぼり体験

チビッコ達がワクワクドキドキの乳しぼり体験に並ぶ後ろで、
当然!のように順番を待つキングとパパ(爆)
それはそれは、ものすごく異様な光景でしたよ。

ヨゴレな飼い主たちの乳しぼり体験

そして、牧場のお兄さんに説明を受けながら恐る恐る乳牛の乳を搾るキング・とら。
思わず「とらたーん、乳揉まないの?(笑)」と野次を飛ばす人間様。←最低。
その人間様の野次を聞いたお兄さん「あ、どうぞ乳揉んでください♪」とサラッと言う。
うーん、牧場のお兄さんも言うじゃないか!

ヨゴレな飼い主たちの乳しぼり体験

乳搾りを体験したキングとパパは・・・
「想像していたのと違う!ゴムみたいだった!」と興奮気味に話しておりました。
あなたたちは一体どんなのを想像していたのさ!!??


キングとパパが乳搾りを体験した後、今度はちびたと人間様の番である。

少し前まで、吉宗に母乳をあげていた人間様、
実は人間様は悲しいくらいにペッタンコな胸だったが、
出産して周りのママさんから「すごい巨乳だ!」と言われるくらい、立派な胸に成長した。
断乳して、出産前以上に「残念な胸」になってしまったが、
出すぎるくらいに出た母乳を、絞って捨てていた人間様。
なので、乳搾りの感触はなんとなくわかる。

ヨゴレな飼い主たちの乳しぼり体験

が、実際に乳搾りをしながら、いろいろな疑問が頭をよぎった人間様。
まず、牛の乳の場所が何で後ろ足の付け根にあるのか。
人間と全然違う場所にあるのはなんでなんだ!!おかしいじゃないか!!と
どーーーーしても聞きたくなったので・・・
「ちょいと、ちょいと!」と牧場のお兄さんに質問攻め。


1.「なぜ牛の乳は足の付け根にあるのか」
お兄さん:そうですよねー、人とはちょっと違う場所にあって不思議ですねー。
(↑いきなりの質問に面喰うお兄さん)

2.「見た目は4つしか乳首がないが、実は犬と同じでもっとあるのではないか」
お兄さん:いえ、牛はココだけですよー。
(↑このあたりで若干引き気味なお兄さん)

3.「乳牛というからには、オス牛も乳が出る?」
お兄さん:それはさすがにないですねー、メスだけですねー。
(↑内心「何わかりきった事を言ってんだ、アホか」と思ってるに違いないお兄さん)

4.「じゃあ、オス牛はどうするのか?」
お兄さん:大きく育ったら・・・お肉になりますよー。
(↑迷惑そうに片づけを始めるお兄さん)




4番目の質問の答えは・・・衝撃的だった。
白黒のまだら模様の乳牛はあくまでも乳専門で、
頑張れば(←??)オスでも乳が出ると思っていたのだ。
お肉になる牛は、茶色い牛とか黒い牛だと思っていたのだ。

「聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥」

昔の人はよく言ったもんだ。
人間様はこれでまた一つおりこうさんになりましたよ(^-^)

テーマ : シベリアンハスキー - ジャンル : ペット

14:00  |  ひなた&キング!&ちびた  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。